ハトの撃退はプロの業者に任せるのがベストな方法!

被害は糞害だけじゃない

ハトがベランダなどに居ついてしまうと、糞尿で敷地や洗濯ものなどが汚されてしまいます。それだけでなく、病原菌を媒介することもあるので、注意が必要なのです。私たちに被害をもたらすハトにはどんな種類がいるのかご紹介します。

身近なハトの種類

ドバト

公園など様々なところで見かけることが多いドバトは、繁殖力が強く巣への執着もすごいのが特徴です。そのため、一度巣を作られると、追い払うのが大変でしょう。

キジバト

鳴き声が独特で、1匹だけでなくオスとメスで行動することが多いのが特徴です。キジバトが3匹いるのを見かけた場合は、その近くで巣を作っていると考えたほうがいいでしょう。

ハトの撃退はプロの業者に任せるのがベストな方法!

困る人

ハトが落ち着ける場所を作らないことが大切

ハトは鳥類の中でも頭が良く、落ち着ける場所を記憶しています。また、執着心も強いため一度巣を作ると、同じ場所へ戻ってこようとするのです。それを防ぐためにも、防護ネットや忌避剤などを使って日頃からハトが近寄らないようにしたほうがいいでしょう。

ハト

専門知識を持った業者に依頼した方が確実

鳥獣保護法という法律があることによって、私たち素人がハトを撃退する方法はとても限られています。知らず知らずのうちに法律違反になっている可能性もありますから、専門知識を持った業者に撃退を任せた方が安心です。

作業員

ハト撃退にかかる費用

業者にハトの撃退を依頼したとき、2~5万円くらいが相場となっているようです。被害状況や被害場所によっても異なりますから、複数の業者から見積もりを取って、比較してみるといいですね。

業者を選ぶときに見ておきたいポイント

鳩

料金を明確に教えてくれる

業者の中には、総額費用だけを提示して来るところもあります。それではどの作業にいくら掛かっているのかもわかりませんし、別途費用が請求されることも考えられます。そのため、細かい内容まで明確に提示してくれるかチェックしましょう。

アフターフォローの充実度

アフターフォローが付いている業者なら、再びハトが来てしまっても対処してもらうことができます。アフターフォローの内容は業者によって異なるので、契約する前にきちんと見ておくべきです。

侵入防止案を提案してくれる

ハトが侵入しないように、防止案を具体的に提案してくれる業者は信頼できる業者だと言えるでしょう。大切な家をハトの被害から守るためにも、防止案がないか聞いてみるといいですね。

広告募集中