1年中活動しているシロアリ

シロアリには特定の産卵時期がなく、冬でも冬眠をしないため1年中対策を取る必要があります。冬に見かけなくなったとしても、活動を止めているだけでいなくなっているわけではないので、油断は禁物です。

シロアリの駆除はプロに任せて安心!アリの種類も見分けよう

散布機

4~7月頃に羽アリが発生する

継続的に産卵を行うと、巣の中がいっぱいになってしまうため、羽アリを発生させて巣の外に出す必要があります。シロアリの種類によって羽アリが発生する時期は異なりますが、大体4~7月ごろにかけて発生することが多いでしょう。

困る人

黒アリとの見分け方

羽アリのすべてがシロアリとは限らず、普通の黒アリの可能性もあります。シロアリの羽アリの場合は、寸胴で羽根の大きさが前後で同じくらい、数珠のような形の触角を持っています。このような特徴の羽アリを見つけたら、近くで繁殖している可能性があるので注意が必要です。

女性

自分で出来る駆除方法

もしシロアリを発見したら、早急に駆除するべきです。自分でもできるシロアリ駆除の方法としては、ベイト剤と呼ばれる駆除剤を設置する方法や、駆除スプレーを散布するなどの方法があります。

男性

シロアリ駆除は難しい

シロアリを撃退するには、完全に巣とシロアリを除去しないといけません。自分で駆除を行った場合、取り逃がす可能性があるため、別の場所に巣を作られてしまうことも考えられます。そうならないように、シロアリ駆除の業者に依頼した方が再発の可能性を下げられるでしょう。

[PR]
シロアリ駆除を依頼しよう!
もう害虫で悩まないで!

駆除を依頼する時の流れ

家

問い合わせ

シロアリ駆除を行っている業者に問い合わせて、現地調査をお願いします。24時間対応している業者が多いので、夜中にシロアリを発見したときでもすぐに連絡できます。

現地調査・見積もり

スタッフが実際に現場を見て、被害状況などを確認します。それを元に見積もりを出してくれますから、費用について気になる点があれば確認しておきましょう。

駆除作業

作業当日は、普段通りの生活をしていても問題ありません。ペットを飼っていて使用する薬剤に不安があるようなら、事前に相談しておくといいでしょう。

支払い

作業完了後、業者に指定された通りに支払いを済ませます。業者によっては、作業後に一緒に作業箇所を確認することもあります。

セルフチェックも大切

シロアリ被害を早期発見するためには、日頃から家の状態をチェックするべきです。雨漏りやひび割れなどがないか、湿気は溜まっていないか、敷地内に木材などを放置していないかなどをチェックしましょう。

害虫駆除はプロに任せよう

シロアリに限らず、ダニや南京虫駆除などは自分で行うよりも、プロに依頼した方が早くて確実です。被害が確認できたら、すぐに連絡しましょう。

[PR]
床下換気の害虫対策
専門業者に設置してもらおう

[PR]
シロアリ駆除をしよう
自宅の耐久性アップに繋がる♪

広告募集中